Cloud Workflow

クラウドとハサミは、使いよう?

価格を公開しているサービスが増えてきた! 無料で始められるサービスも増えてきた!

◆◆1. クラウド でしょ。。。

そうは言っても現状、マダマダ「普及している」とは言えない

最大の障壁は「ナンカ怖い」という “心理的な拒絶” なのだと思う。すでに使っている人からすれば、

– クラウド型メール
– クラウド型カレンダー (スケジュールの共有)
– クラウド型ストレージ (業務ファイルの保存)

どれも「便利」なのだが、同時に使ったことが無い人からすれば、どれも「恐怖」なのだ。

 

つまるところ、「簡単に業務データにアクセスできる」は大きなメリットだが、同時に大きなデメリットでもあるのだ。

– クラウド型ワークフロー / クラウド型BPM (業務データの受渡)

に至っては「かなり恐怖」でしかないのだ。。。 (Cloud Computing: ネット経由の業務システム)

 

facebook-cover-questetra-201502

 

 

◆◆2. クラウドはムリ!?

確かに「向き不向き」がある。

例えば「銀行業務」における、メールやり取り・業務ファイル・スケジュールを、いつでも社外からでもアクセスできるようにするのは、誰だって抵抗がある。つまり「社外からでもアクセスできる」は即ち「世界からの攻撃にさらされる」を意味する。もしワタシが銀行の頭取でも寝覚めが悪い。

 

ただ一方で、「パソコンを1台購入する稟議書」に、

– テンプレート文探しに1日
– 先輩の文章チェックに3日間
– 各課長のハンコ待ちに約2週間

だなんて「平和ボケ」もハナハダシイ。

 

端的に言えば「時間のムダ遣い」であり、「ゼイタク」だ。こんな事を続けている様では、人類は滅ぶしかない。 (← あ、言いすぎマシタ…)

 

ownership-consumption-based

 

 

◆◆3. どの業務で使い始めるべき?

その昔「電力会社からの送電に切り替える判断」をするのは恐怖だっただろう。(知らないケド)

社内に「発電機」を設置し続けた方が安心だ。例えば、電力会社責任のトラブルに巻き込まれるかもしれない。例えば、社内原因のトラブルに遭遇するかもしれない。しかしソコはやはり、各社が「発電機」を【所有】するより、「送電」を【利用】する方が合理的だ。ふと気が付けば、自社の「発電機」より、電力会社からの「送電」の方が、高品質なサービスになっている。(たぶん)

 

ならばマズ、、、

1. 『新人歓迎お花見のスケジュール』を【クラウド型カレンダー】で共有してみればイイ。
2. 『新人歓迎お花見の企画書』を【クラウド型ストレージ】に保存してみればイイ。

実際の利用でこそ、様々ものが見えてくるのだと思う。慣れてくれば、

3. 『新人歓迎お花見の企画書』の承認プロセスを【クラウド型ワークフロー】で実現してみるのがイイ。

 

【スマホ】だって、
【インターネット】だって、、、、

【Twitter】だって、
【Facebook】だって、、、、

別に使わなくても死なないケド、やっぱり経験してみる事は大事なんだと思う。

#(話が脱線する様な気もするが)、『地方自治は民主主義の学校』という表現がある。【Twitter】や【Facebook】は、【クラウド】の学校、、、な気がする。

 

hype-cycle-cloud-bpms

 

 

◆◆4. 今でしょ!

クラウドの価格は、(業界にいる当事者が言うのもナンだが)、安くなってきた。(無料で「試用」を始められるサービスも多くなってきた!)

価格が変わらないサービスについても、そのサービス内容やサービス品質が向上している。「メール」「カレンダー」「スケジュール」などは、全てセットにしても月額1000円もしない。つまり100人企業でも、その月額利用料は高々10万円だ。もし「サーバ機器を購入しIT運用チームを組織していた頃」の費用と比べれば、その費用負担は10分の1以下になったと言える。

 

「クラウド・コンピューティング」が『普及期』に入ろうとしている2015年、、、人類社会の進歩のためには(!?!)、まずは多く方に「体験してもらう事」が重要だと、改めて思う今日この頃。。。

 

◆参考)「クラウド型ワークフロー」の価格

<年々明確な価格が設定される様になってきた (以下は国内のみ)> (税込ユーザ月額)

2484円: intra-mart = NTT DATA INTRAMART
1000円: Questetra BPM Suite = クエステトラ
912円: サイボウズ ガルーン = サイボウズ
842円: Joyzo (kintone) = Joyzo
716円: desknet’s NEO = ネオジャパン
702円: WaWaFlow = アイアットOEC
600円: Box Workflow= BoxWorks
540円: NIコラボ スマート = NIコンサルティング
540円: X-point / AgileWorks = ATLED
453円: ActionPassport = イーネットソリューションズ
432円: MajorFlowクラウド = パナソニックネットソリューションズ
378円: J-MOTTOワークフロー = リスモン・ビジネス・ポータル
324円: rakumo = 日本技芸
324円: Streamline = ミトリ
324円: LS クラウド・ウェア = リトルソフト
259円: 繋吉ワークフロー = 吉積情報
100円: サテライトオフィス・ワークフロー for Google Apps = Sateraito Office
100円: 組織ワークフロー = ネクストセット
???円: Gluegent Flow = グルージェント
???円: ワークフローEX = Knowlbo
???円: cloudstep Workflow = システナ

 

◆参考)「BPM Platform as a Service」の価格

※ Business Process Management : 業務プロセス管理

<価格が不明なサービスが多い> (税込ユーザ月額)

???円: Appian = Appian(アメリカ)
???円: BizAPP = AppPoint Software Solutions (インド)
4000円: Barium Live = Barium (スウェーデン)
???円: BP Director クラウドエディション = BP Logix (アメリカ)
???円: Eccentex AppBase = Eccentex, Inc.(アメリカ)
???円: edorasware =edorasware AG. (スイス)
-別体系-: Fujitsu Cloud PaaS RunMyProcess = FUJITSU (日本)
???円: Intellect = Intellect (旧 Interneer) (アメリカ)
???円: Knowesia = Knowesia (フランス)
???円: Kofax = Kofax Limited. (アメリカ)
???円: OpenText Cloud = OpenText Corp. (カナダ)
???円: Pegasystems = Pegasystems Inc. (アメリカ)
???円: PNMsoft BPM Software = PNMsoft Ltd. (イギリス)
1000円: Questetra BPM Suite= Questetra, Inc. (日本)

 

.

 

About IMAMURA Genichi

CEO & Founder - Questetra, Inc. || http://www.facebook.com/imamura.genichi
View all posts by IMAMURA Genichi

Recommendations
Prev article - 15. 野望・展望・志 FAQ. How Do I Conduct Operational Tests on a Running Business Process Definition?
Next article - 15. 野望・展望・志 会社法こそ「グローバル」であるべきだ
Another article - IMAMURA Genichi 世界中の「業務改善」に貢献する

Archive

 RSS