Cloud Workflow

Google Apps の iPad クライアント

Google Drive をフル活用するための Quick Office、Google Apps の「公式ブログ」にも登場

 

日常業務で iPad を活用する会社さんも、今や珍しい存在では無くなって来ました。オンラインストレージ「Google Drive」のデータ参照ソフト『Quick Office』が、Google Apps 公式ブログでも(ひっそりと?)発表されています。未変換のMS文書をそのまま読めます。

 

Google Apps for Business 用 Quick Office(iPad のみ)
12月19日より Google Apps for Business のユーザーは iPad 用の Quick Office を無料で App Store からご利用いただけるようになりました。この Quick Office のバージョンは自動的に Google Drive と同期し、二段階認証をサポートしています。
このアプリを利用すれば、ユーザーが Google Drive に保存されている Microsoft Word、Excel、Powerpoint のファイルを iPad で直接開くことができます。Google Apps for Business のお客様用 iPhone や Android バージョンも今後公開される予定です。

 

http://googleappsupdates-ja.blogspot.jp/2013/01/google-apps-for-business-quick.html (2013-01-21)

クエステトラ社自身、2008年4月の創業の日から『Google Apps ユーザ』です(関連記事)が、Google Apps 活用企業にとって、Google Drive はますます「ファイルサーバ」になりそうです。
なお、他記事とは違い「同期」や「二段階認証」に言及しているのは、公式ブログらしさが出ているような気がします。他記事例:『Google、有料Appsユーザー向け無料Quickofficeをリリース まずはiPad版』(2012-12-20)

ちなみに Questetra のユーザ企業さんの中にも「iPad & Google Apps 活用企業」は多くいらっしゃいます。(Questetra は Google Apps と連携できるクラウド型ワークフローです!)
中でもJTB情報システム様の活用事例は、マイナビニュースの特集でも詳しく取り上げられています。「iPad の業務活用」に御興味ある方は、是非ご一読ください。

 

事例で学ぶiPhone/iPad活用術
JTB情報システム、 iPhone と BPM ツールでワークフロー改革を達成
http://news.mynavi.jp/series/iphoneipadkatsuyo/088/index.html

 

ところで、「Google Apps (無償版)」(旧 Google Apps Standard Edition)の新規受付が終了した(2012年12月)ことに対して、業界内では当初「悲報」として騒がれていましたが、、、結局のところ、業界関係者は既に複数の「Google Apps (無償版)」アカウントを持っていた様で、その後の盛り上がりはあまり無い様です。。。(今後、無料の Google Apps (とくに50名が無料のもの)は、「貴重な資産」になるのかも知れません)

.

About Questetra Marketing

Questetra Marketing Team - Reports breaking news
View all posts by Questetra Marketing

Recommendations
Prev article - 35. Cloud ニュース 業務アプリ開発の あるべき姿
Next article - 35. Cloud ニュース NTT西日本もインターネットFAX
Another article - Questetra Marketing 西武HD、CREO ネット BPM を導入

Archive

 RSS