Cloud Workflow

「業務履歴分析」と「Analytics 分析」の共通項

業務の処理履歴を分析する。そこから業務の流れを改善する。(ムヅイ!)

「財務諸表を見れば、会社の状態が解かる」、良くあるセリフだ。

ま、ソレはソウなんだが、、、一方で、
財務諸表から『クレームの平均処理時間』は分からない。
財務諸表から『キャンペーン企画書の枚数』は分からない。。
財務諸表から『現在有効期間中の見積書枚数』は分からない。。。

より詳しい「会社の状態」は、やっぱり『ワークフローの処理履歴』(業務履歴)を分析しなければならない。

しかし『社内の処理履歴を活用する』なんて、ハンパなく難しい。。。
まずは最低でも『業務を熟知』していなくてはならない。そしてそのデータの『意味』を見通せなければならない。その上で改善案を出せなければならない。ホントに付加価値が高い仕事だ。

で・・・、
最近、実体験を伴って気付いた(!!)のだが、、、
Websiteのトラフィック分析ツール『Google Analytics』が好きな人って、業務履歴の分析にも向いている。そう、絶対と言ってもイイ。

特に

  • 『カスタムレポート』とか『カスタムアラート』とかを設定して、ウキョウキョ喜ぶ人
  • 『カスタムセグメント』と全体との比較データから現サイトの課題を思いつき、ニヤリとする人

であれば BPM ツールを使ったプロセス改善をガンガン実践できてしまうだろう。(Business Process Management:業務プロセス管理)

そう、、、
つまり、、、
Google Analytics のキーワードで日頃から検索しまくっているアナタ!
自分の胸に手を当てて、心当たり(!?!)があれば、今すぐ SaaS BPM にエントリして欲しい!! (完全無料)
※ 冗談の様でマジな話

 

 

About IMAMURA Genichi

CEO & Founder - Questetra, Inc. || http://www.facebook.com/imamura.genichi
View all posts by IMAMURA Genichi

Recommendations
Prev article - 55. カイゼン Tips 社内メールは SNS とワークフローへ 後編
Next article - 55. カイゼン Tips ワークフロー選定ポイント シングルサインオン
Another article - IMAMURA Genichi G Suite(旧Google Apps)ワークフロー製品の一覧

Archive

 RSS