クラウド型 ワークフロー

海外ユーザが「アポなし」でやってきた!

京都観光のついでに寄ってくれました^^

こんにちわ!矢作です!

 

昨日(2015年6月30日)の夕方、見知らぬアメリカ人がいきなりやってきました。

 

すごく日本語が上手、というか関西弁が上手なアメリカ人です。

 

greeting

意外な来客

 

「Questetra ノ サービスヲ ツカッテルケド、チカクニ キタカラ ヨリマシタ!」

 

応接室でゆっくりと話しを聞くと、本当にクエステトラのサービス「Questetra BPM Suite」(無料版)を使ってくれているようです。

 

  • BPO事業 (Business Process Outsourcing) をしている
  • BPO事業で「Questetra BPM Suite」を活用している
  • クライアントに「Questetra BPM Suite」を使いましょう!と積極的に言いたい
  • けど、会社としてのクエステトラが本当に存在しているのかどうなのかが分からないから不安

 

私(矢作)の偏見で、アメリカ人もそんなこと気にすんの!?と思いましたが、たしかに外国のサービスを使うって勇気がいることです。

 

ということで、会社の成り立ちや、今どんな体制で事業を進めているのか、などを説明して安心していただきました。

 

こういう時、資本金がそこそこ大きいことが安心してもらえる材料になるので助かります。(現在のクエステトラの資本金は1億8250万円→会社概要

 

アメリカのビジネス・プロセス事情

 

話自体はとても楽しくて、意外と長い時間おしゃべりしました。

 

むかし大阪で働いていらしく、奥様は日本人。今回は、自分の両親、奥様、子どもたちを連れて日本に旅行に来ていて、京都に来た。そして、

 

「ソウイエバ、京都ッテ、Questetra ガ、アルトコロ、ヤンケ!」

 

と気づいたようです。

 

こんな雑談以外にも、まじめな(?)話もいくつか。

 

  • アメリカの中小企業も、業務プロセスのことを十分に意識しているところは少ない
  • アメリカで景気がいいのは、テキサス/ユタ/フロリダ だ
  • アメリカは人件費や家賃が高い州とそうでない州のギャップが大きいので、どこから攻めるかはよく考えたほうがよい

 

アメリカなら中小企業でも十分に業務プロセスのことを意識しているのかと思っていたのですが、そうではないんですね。そうではないから、この人が中小企業の業務改善のお手伝いをしているとのこと。

 

これをきっかけに、この人とイイお付き合いができればなんて思ったりしてます。クエステトラのことを知っているだけでもすごいのに、わざわざ旅先で寄ってくれるなんてありがたい話です。

 

shakehands

 

それにしても、この人の行動力には見習うべきものがある。

 

今回はここまで!


参考

 

YAHAGI Hajime の紹介

幸せを生み出すITを追求するクエステトラの一味です。 国産の BPM ソフト Questetra BPM Suite で日本・世界を幸せにしたい。
YAHAGI Hajime の投稿をすべて表示

あわせて読みたい
15.野望・展望・志 の前の記事 憲法は死んだ
15.野望・展望・志 の次の記事 マイナンバー対応方針は、社長が決めよ!
YAHAGI Hajime の他の記事 業務の可視化(見える化)、3つの視点

アーカイブ

 RSS