クラウド型 ワークフロー

2018年はAPIエコノミーを狙う年

APIエコノミー時代、やるべきことはホント山ほど。本年も宜しくお願いします。

 

新年あけましておめでとうございます。

個人的な話ではありますが「法人向けソフトウェアを創る会社」をやり続けて、(早いもので)、18年の年月が経ちました。(←びっくり)

#あの時生まれた赤ちゃんは、もう選挙権を・・・・(←さらにビックリ&妙な焦燥感)

 

しかも、普通の方からすれば「意味不明なモノ」(「CRM」とか「BPM」とか…)を創り続けている訳です。

たまに「地味な人生かもね~」などと思ったりすることもナイワケデナハナイのですが、、、その実、創ったモノに対してそれなりの御評価を頂き続け、ホント幸せな話だと思っています。

 

と、言う事で(!?)、、、

2018年も「世界中のビジネス革新に貢献する」という理念を追求していきたいと思います。

 

具体的には、やはり今年も「業務の自動化」を探求することになろうと思っています。ワークフローシステム側(サーバサイド側)での「自動通信」や「データ処理」が中心ですが、この「APIエコノミー時代」にあって、やるべきことはホント山ほどあります。

皆々様、本年も引き続きご支援賜りますよう宜しくお願いいたします。

 

 

◇2017年のリリースMEMO
– バージョン11.3: 自動工程の全社展開機能を追加
– バージョン11.4: API IP 制限機能を追加
– バージョン11.5: OpenAPI仕様に準拠

 

IMAMURA Genichi の紹介

CEO & Founder - Questetra, Inc. || http://www.facebook.com/imamura.genichi
IMAMURA Genichi の投稿をすべて表示

あわせて読みたい
15.野望・展望・志 の前の記事 MFクラウドさんに対する不満?
IMAMURA Genichi の他の記事 ベテラン社員が PDCA サイクルを回せない理由

アーカイブ

 RSS