クラウド型 ワークフロー

新スマホの「かざす」は、業務フローを変える

新世代スマホの NFC 機能があれば、様々な業務記録が、ラクに、正確に、素早くなる、、、かも?

 

0. ドコモにも『NFC』の文字が!

「かざす」 が盛り上がってきた。
ひょっとすると2014年あたりに、流行語大賞を取るかもしれない。。。キー・テクノロジーは『NFC』だ。

2か月前の2012年11月、NTTドコモの利用規則が一つ廃止された。
・「スマートフォン向けおサイフケータイご利用規則」(2010年12月制定)

これに変わって2つの利用規則が新たに制定された。
・「おサイフケータイ対応端末ご利用規則」 おサイフケータイ対応スマートフォン[FeliCa]
・「おサイフケータイ対応端末ご利用規則」 おサイフケータイ対応スマートフォン[NFC(FeliCa搭載)]

2つのタイトルを見比べれば分かるが、聞きなれない『NFC』と言う言葉が足されれている。そして、ドコモの商品紹介ページのアイコンも微妙に2種類になった。

  ⇒⇒  

ちなみに『NFC』とは通信用語だ。あえて「予測されている事」を先に書けば、

– 新世代スマホの多くは『NFC端末』になる。
– 『NFC』を使った「小さなデータのやり取り」が飛躍的に改善する。

そして、2015年には『NFCスマホ』のシェアは、なんと3割~5割になる、らしい。。。 実際のところは、iOS の対応動向次第なのだろうが、NFC は 2013年で一気に増える、と私も思う。 さて、さて、『NFC』ってナンダロウ。

# アルファベットの「3文字」って覚えにくい。今回の NFC は、アメフト(NFL)のリーグ名 NFC (National Football Conference)と同じだから覚えやすい??? ちなみに、吉本興業の養成所は『NSC』(New Star Creation)だ。名前は似てるけど、中身はズイブン違う。。。

 

1. 小さなデータの読み取り

1-1. バーコード

「小さなデータをやり取りする」と言えば『バーコード』だ(?!!)
JAN コードと聞いて懐かしい思いをするシステムエンジニアは多い。今や、あらゆる商品に印刷され、スーパーのレジで大活躍だ。『バーコード リーダ』が「おぉー、君はレタスだねー!」と、データを読み取ってくれる。。。

1-2. ICタグ

その後『ICカード』なんてのが出てきた。コッチは電波を使って個体識別する仕組み(※)だ。※ RFID: Radio Frequency IDentification
この「非接触ICタグ」が埋め込まれたモノは、定期券・学生証・入場券と言ったカード類だけでなく、リストバンド・キーホルダー・小さなシールまで、イロイロある。電波を使うから、一度に大量の個体を識別する事だってできる。「ピピピ…。キミが食べた回転ずしの皿の枚数は20枚デス!」

# ICタグと言えば、個人的には「ストラップ」が思い出ぶかい。10年程前に某ラジオ局のイベントで「街中をオリエンテーションさせる仕組み」を受託し開発した事がある。非接触ICタグが入ったキーホルダーみたいなものを、街中の『IC リーダ』にかざすとイイ事がある、と言う仕組みだ。(どんなイイ事だったかは忘れた)

 

 

2. スマホは単なる「IC カード」だった

そして今、「IC タグ」はケータイにも入っている。いわゆる「おサイフケータイ」だ。(ちょっと語弊がある)
しかし、よく考えれば「おサイフケータイ」にしても「バーコード」にしても、『データ受信器さま』に対して、データを渡している(上納している)にすぎない。

  • A.データの受取側: 機械が大きな電力を使って「個体識別データ」を吸い出す
  • B.データを渡す側: 小さなモノが「個体識別データ」を渡す

と言う関係で言えば、これまでのスマホは「B.データを渡す側」の立場でしかなかった。

つまり、「定期区間情報」であれ、「学籍番号」であれ、この小さなデータ通信を、もしリアル店舗や街中で実施しようとすると『A.読み取り機』が必要になる。読み取り機である「ICカードリーダ」は、確かには安くなったかもしれないが、パソコンにつながなければならないとか、専用のソフトで管理しなきゃならないとか、なかなかメンドウなシロモノだった。

たまに、「b.交通カード」を「a.VAIOパソコン」にかざす機会があるが、な~んかオシャレ感が無い。

# 細かい話だが、IC タグには書き込みもデキル。よって「個体識別データ」以外のデータも渡される。鉄道の改札でも「入場記録」が書き込まれる。
 ちなみに『2次元バーコード』(QRコード)なら、スマホ側が『A.データを受け取る側』になれる。テレビ画面の下に出てくる機会も増えた。URL 情報などのデータを正確に発信できる。しかし、手動でアプリを起動し、ジ~ッとカメラを構える必要があり、なんともスマートではなかった。。。

 

 

3. 新世代スマホは「IC リーダ」にもなる

新世代スマホは「IC カード」でありながら「IC リーダ」にもなれる! (ちょっと語弊がある)
そもそも『NFC』と言う通信用語が「ニア・フィールド・通信」を意味する言葉なので、『NFC端末』としては「受信できない」なんて言えない。(??)

と言う訳で、新世代スマホは『NFC端末』として、3つの顔を持つ。

a. 「非接触ICリーダ」としての顔
b. 「非接触ICタグが埋め込まれたモノ」としての顔
c. 「他の『NFC機』との通信機」としての顔 (Android Beam)

※ Near Field Communication

なるほど。。。そんでドウナル??
結論から言えば、やはり多くのアナリストたちの予想通り、まずは「マーケティング分野での活用」がアツイことになるんだろう。いわゆる顧客管理(CRM/SFA)や販売促進(キャンペーン)だ。既に一部では、「スマートポスター」なんてモノが実際に掲示されている。

そう言えば昔、清涼飲料水にシールが貼ってあって、そのIDを読み取って、パソコンから送信したっけ・・・

また「リアル店舗」のクーポンや会員カードも、もっとスマートなものになる。店先に『ICタグ(NFCタグ)』さえ貼っておけば、お客さん自身が、「A. NFCスマホ」でデータを読み取り、(必要に応じて情報を追加し)、そのスマホのインターネット機能でデータをサーバに送信してくれる。(SmartTags)

つまるところ「データ読取装置」が無くても、小さなデータがバンバン集まる。これによって、今までには無かった仕組み(ソリューション)が出てくるだろう。bの進化もスゴイし、cもステキなんだけど、やっぱり『a.非接触ICリーダ』としての機能が、アツイと思う。

# 個人的には、cのスマホとテレビを素早く接続できる様にしたいねー。外で撮影したスマホ動画を家族ですぐに見れるとか、超イイぢゃん。。。(ペアリング・ハンドオーバ)

 

 

 

4. 業務の進め方が変わる

スマホをかざせば、小さなデータがホイホイ拾える。
業務プロセスの観点でも「スマホが『NFC端末』になる」は、実はアツイ。。。

汎用的で想像しやすい例で言えば、入退室管理や勤怠だ。
社員証が「B.データを渡す側」でしかなかった時代は、「ICリーダとしてのゲート(入口)」が必要だった。大会社の入り口にあるあのICゲートもその一種だ。しかし今やスマホは『A.データの受取側』になった。社員は「出社したら、カ・ザ・シ・テ・ネ(ハート)と笑顔で笑いかけるお姉さんが写ったICポスター」に自分のスマホをかざし、出社ログを送信するなんて事も簡単安価に実現できる。(ううう、現実味が無い)

業界別に業務を掘り下げれば、本当に色々とある。
例えば、プリンターや複合機の保守点検を行うフィールド・エンジニアリング(サービスマン派遣)業務。その複合機や制御機器などに「タグシール」を貼り付けておけば、スマホを使って製品仕様や過去の保守記録にカンタンにアクセスできるようになる。その日の作業記録においても、点検機器のIDを目で見て書き写す必要が無い

いずれにせよ、業務プロセスのあるべき姿(To-Be)が大きく変わる可能性がある。(業務プロセス管理 BPM が必要だね!!)

関連⇒
ワークフローサンプル:作業員派遣サービスにおける顧客満足とは?

# ちなみに、NFC端末同士の会話には3つの言語が想定されている。(NFC-A (TypeA)、NFC-B (TypeB)、NFC-F (FeliCa)) 実際のシステム化については、システム構築屋さん(システムインテグレータ)の手助けがあった方がイイ。

 

5. 業務プロセス管理(BPM)システムとの関係

本当にイロイロある。。。

業務アプリとして真っ先に想像できるのが、外出先にて NFC 経由で取得した情報を、HTTP 通信で Questetra API に送信するパターンだ。(妄想に妄想が。。。)

ここは、紙面の都合もある???!(ないな)
でもまぁ、後日別のブログにまとめようと思う!(Docomoの実機は2月9日に来る)

実際、「新世代スマホを全員が持ってないとダメ」とか、「ICタグ(NFCタグ)のメンテナンスどうする?」とか、もう少し考察を深めてから原稿にまとめたいと思う。と言う事で今週はここまで。(あー、ゴメンナサイ)

 

◆参考になる文献

日本経済新聞:おサイフケータイは「露払い」 NFCが創る巨大ビジネス(上) 【会員限定】 (2012-11-02) http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2402M_U2A021C1000000/
日本経済新聞:先行するパナソニック、JALの思惑 NFCが創る巨大ビジネス(下) 【会員限定】 (2012-11-08) http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2402M_U2A021C1000000/
ケータイWatch:NFCは普及するのか~課題解決で手を組んだドコモ・KDDI・ソフトバンクに聞く~ (2012-11-28) http://k-tai.impress.co.jp/docs/interview/20121128_575639.html

ドコモ公式のNFC紹介ビデオ: http://youtu.be/nswqMJYct8Q
韓国のNFC実験 (2011-11~): http://youtu.be/mEiIGOKcKvc

 

.

IMAMURA Genichi の紹介

CEO & Founder - Questetra, Inc. || http://www.facebook.com/imamura.genichi
IMAMURA Genichi の投稿をすべて表示

あわせて読みたい
15.野望・展望・志 の前の記事 ウチの課長は、なぜ業務フロー図を書かないのか?
15.野望・展望・志 の次の記事 G Suite(旧Google Apps)ワークフロー製品の一覧
IMAMURA Genichi の他の記事 「本人確認の措置」の現実(マイナンバー法)

アーカイブ

 RSS