クラウド型 ワークフロー

「やり続ける」と言うコト

今年に入って、(ナンデか知らんけど)、2回、「しぶとい」って言われたw

◆0. 「しぶとい」

– die‐hard, … (新和英中辞典)

「ダイハード」、、、て、、、ブルースウィルス かい! (知らない人、スミマセン)

 

– 困難にあっても、へこたれずねばり強い。 (大辞泉)

「へこたれず」、、、て、、、「ねばり」、、、て、、、ツッコミにくいわ!!

 

 

◆1. 耳に残る

そもそも「しぶとい」って表現、あんまり聞く機会が無い。て言うか、よほど仲が良くないと使わない表現。

-1. 『超交流会』かぁ、、、しぶといなー!
-2. 『BPM クラウド』w、、、ナカナカ、しぶといねぇ!!

偶然に、そしてタテツヅケに、(それぞれ違う人に)、そう言われた訳だ。 (なんてヤツラだ!)

 

なぜか、耳に残った。。。 (妖怪のセイかも?)

 

 

◆2. ふと考える

でもさ、、、『しぶとさ』って大事よぉーん。

 

それは、「生きがい」って言ってもイイ。
それは、「コダワリ」って言ってもイイ。
あるいは、続けるコト自体が「目的」って言っちゃってもイイかも知れない。。。(あ、この発言、ヤヴァイ系?)

 

でも、やっぱ、何事にも「しぶとく」頑張っていきたいな。

 

ヤル!と計画(Plan)した事は、とにかくヤル(Do)のだ。

計画(Plan)ばかり練ってても、ナーンにも変わらない。。。
(魔の PPPF サイクル: Plan Plan Plan Forgot… \(^o^)/ )

 

 

◆3. そう言えば…

そう言えば、「SaaS CRM」(現シナジーマーケティング)のビジネスをしていた頃(2000-2008)にも、「ソレ、流行るの??」などと、何度も何度も言われた。。。

 

最初の頃は

「流行りますよ、ゼッタイ」
(槇原敬之 風に。。。) (知らない人、スミマセン2)

などと反撃していたのだが、、、、誰に反撃しても、どう反撃しても、イクド反撃しても、相手の同意を得られないもんだから、、、ダンダン、めんど臭くなってきて、

「いや、、、流行らないかも知れないです。でも、ヤラナイとダメなんデス!」

などと、(ふと気が付くと)、まったく意味不明な回答をするようになってた。(のを思い出した)

 

 

◆4. さて

『超交流会』は、「オープンな年次イベント」だ。2015年で第7回を迎える。とりあえず、10回目まではヤル! http://www.johogaku.net/

 

『BPM クラウド』は、企業が利用する「業務データの受け渡し基盤、を誰でも創れる仕組み」だ。 BPM 市場は、まさに「ベンダー淘汰期」に入ったトコ。 これからが勝負だ。 まだまだ製品開発を続ける!!
※ Business Process Management Suite

(あ。。。うんうん。 「流行らないかも知れない」 ナンだけどねw。。。)

 

hype-cycle-cloud-bpms

 

※ 「ハイプ・サイクル」とは (By Gartner)

新しいテクノロジについて大胆な未来を予測するハイプ (誇大な宣伝) が起こっているとき、そのテクノロジの真の可能性を見極めるにはどうすればよいのでしょうか。果たしてその約束は本当に実現されるのでしょうか。それはいつなのでしょうか。ハイプ・サイクルは、テクノロジとアプリケーションの成熟度と採用状況、また実際のビジネスにおける課題を解消する潜在的な能力などを分かりやすくグラフィカルに示すとともに、これらのテクノロジやアプリケーションが生み出す新たな機会を明らかにします。ハイプ・サイクルのメソドロジは、テクノロジやアプリケーションが時間の経過と共にどう進化・発展していくのかを示し、企業がビジネス・ゴールを達成するに当たって、その展開を管理できるようにする価値の高い知見を提供します。

 

幻滅期:この段階でベンダーの淘汰や消滅が進みます。生き残ったベンダーが製品を改善し、早期採用企業がそれに満足を示した場合にのみ投資が継続されます。

 

啓蒙活動期:企業にもたらすメリットについての実例が増え、具体化していくとともに、理解が広がっていきます。ベンダーから第2世代、第3世代の製品がリリースされます。パイロットに投資する企業の数は増えますが、保守的な企業は依然として静観しています。

Source: Gartner http://www.gartner.co.jp/research/methodologies/research_hype.php

 

.

IMAMURA Genichi の紹介

CEO & Founder - Questetra, Inc. || http://www.facebook.com/imamura.genichi
IMAMURA Genichi の投稿をすべて表示

あわせて読みたい
15.野望・展望・志 の前の記事 Office ドキュメントのプレビューを作る方法
15.野望・展望・志 の次の記事 ビジネス・ソフトウェアの海外販売を加速させるには?
IMAMURA Genichi の他の記事 NFC スマホの「かざす」で日常業務カイゼン!

アーカイブ

 RSS