クラウド型 ワークフロー

会社法こそ「グローバル」であるべきだ

業務ルールはシンプルに! 国の制度もシンプルに!!

◆1. 会社法

15年前、、、
何も知らずに法務局に行き…、公証人役場に回され…、「会社設立ってメンドウだなー」なんて思った。(当時、商法)

あの日から、少しずつ、会社にまつわる法律に詳しくなった。

 

と言うことで、今日は「誰も興味なさそうな “会社法ネタ”」を Blog にしてみようと思う。

# 外は雨だし、、
# 風邪こじらせてるし、、、
# 来週は胃カメラ検診あるし、、、テンションあがらない。

 

◆2. 新しい会社の形態

振り返ってみるに、
– 15年前に普通の株式会社を設立した。(「定款」と言う字がが読めなかった)
– 10年前に『株式移転』による新会社を設立した。(公証人役場で理解してる人いなかった)
– 7年前に『委員会設置会社』による新会社を設立した。(公証人役場で理解してる人いなかった)

# あ、『委員会設置会社』は、この会社。(株式会社クエステトラ)
# そういえば担当者氏が「委員会設置の解説本を買ってきましたっ」と騒いでたっけ。

(あ、言っておくが、信念をもって、ベンチャーこそ『委員会設置会社』が望ましい、と思ってる)

 

そんでもって、今回の会社法改正。。。要するに『監査等委員会設置会社』という新しい会社形態を定めたかったようだ。

 

まー、その中身はと言うと、何というか「中途半端なガバナンス」で、(…ヤバい怒られる)、こんな会社形態をワザワザ定義しなくてもいいんぢゃね?会社法はグローバルな感じの方がイイんでね?などと個人的には思ってる。(個人的に)(個人的にね!)(個人的にダヨ!!)

#「代表取締役」なんて呼称にこだわるから。。。BUTSU BUTUS

ま、そこまではイイ。

 

◆3. トバッチリの形態名変更

そうすると

– 『監査等委員会設置会社』
– 『委員会設置会社』

の違いが分かりにくい、という話になったワケ。実際『委員会設置会社』は

– 『指名委員会等設置会社』

と名称変更となってしまった。(まずもって「等」が邪魔…)

 

ん!
ちょっと待てよ!
まさか、ウチの「定款」を書き換えろと言うんぢゃねーだろーなー、え”?。

 

で、調べてみると「附則」に「委員会設置会社に関する経過措置」と言う記載があった。

この法律の施行の際現に委員会設置会社である株式会社…の定款には、新会社法第二条第十二号に規定する指名委員会等を置く旨の定めがあるものとみなす。

なるほど「放置」もOKなのね。。。

 

◆4. 定款の変更?

で、定時総会の季節になった。

実際の『委員会設置会社』はどうしているんだろう?

 

大手企業の例:

改正会社法により、従来の「委員会設置会社」は「指名委員会等設置会社」に用語が変更されたことから、現行定款第●条、同第●章及び同第●条について、所要の変更を行うものであります。なお、定款変更案第●条の指名委員会等を置く旨の定めは、改正会社法附則により、平成 27 年5月 1 日をもって定款変更の効力が発生しております。

 

おーーーい、変更するんかーーーい!

(なーなー、みんなでケッタクして「放置」しようぜぇー) ←完全に遠吠え

 

annual-report

.

IMAMURA Genichi の紹介

CEO & Founder - Questetra, Inc. || http://www.facebook.com/imamura.genichi
IMAMURA Genichi の投稿をすべて表示

あわせて読みたい
15.野望・展望・志 の前の記事 happy - happy を超えるパートナーシップ
15.野望・展望・志 の次の記事 超交流会2015を終えて
IMAMURA Genichi の他の記事 ワークフロー業界、「2014年のまとめ」と「2015年の予想」

アーカイブ

 RSS