クラウド型 ワークフロー

happy – happy を超えるパートナーシップ

すばらしい絵に出会いました

こんにちわ!矢作です!

 

2015年のゴールデンウイークも終盤に差し掛かった時、ある個展に行き、そこで「パートナーシップ」という絵を見てとても感動しました。

 

芸術は爆発だ

 

個展を開いていたのは、勝屋久(かつやひさし)さん。

 

勝屋さんは、私(矢作)が勤めるクエステトラ社の社外取締役で、いつも溢れんばかりのエネルギーを私たちに与えてくれています。

 

そんな勝屋さんが、東京の銀座で、

『芸術は爆発だ』〜 Art is an explosion 〜共同個展『東龍 知右門 x katchaman』

という個展を開かれるというので、ちょうど東京への出張が重なったということもあり、5月7日の夕方にお邪魔しました。

 

芸術は爆発だ

 

展示されていた絵は40点ほどだったでしょうか。勝屋さんの絵は彩りが豊かで、どの絵からも清々しいパワーを感じます。

 

かわいい亀、かっこいい龍、凛とした鹿など、動物が描かれたものが多いのですが、私(矢作)が一番いいなと思ったのが、白鳥が描かれた「パートナーシップ」という題名の絵でした。

 

win – win でもない、happy – happy でもない

 

私(矢作)の会社での役割は、パートナーの獲得。

 

クエステトラが提供するサービス「Questetra BPM Suite」をエンドユーザ様により良く使っていただくための提案を行っていただける素晴らしいパートナー様と出会い、パートナー様との関係を強化していくことが、私(矢作)にとって大変重要な命題です。

 

パートナー様との関係をどうすればよいのか?そんなことを常々考えているのですが、そんな時に目に飛び込んできたのがこの「パートナーシップ」という絵でした。

 

この絵を見た時、「パートナーシップとはこういうものだよな」というストレートな思いが湧いてきました。

 

2羽の白鳥が向かい合ってつながり、2羽がつながることでより大きなものを生み出されるのではないか。そのような感覚が勝屋さんの独特の色使いから伝わってきます。

 

パートナーシップというものがどうあるべきなのか?を表現する絵で、「win – win」や「happy – happy」という言葉を超える素晴らしい1枚だと思います。

 

パートナー様との関係を強化するために、私(矢作)は様々な提案を行います。その中でこの絵が、僕の頭の中に浮かぶかどうか?浮かぶまで考えたかどうか?パートナー様を獲得する活動の重要な指針となりそうです。

 

「パートナーシップ」勝屋久さんの絵

パートナーシップ

 

めったに絵を見に行くなんてことは無いのですが、本当に行ってよかった!

 

今は、「パートナーシップ」の画像をスマートフォンの待ち受け画像にして、「パートナーシップ」について今回感じたことを忘れないようにしています。

 

勝屋久さん、奥様の祐子さんと記念撮影。個展会場にて。(2015年5月7日)

勝屋久さんと記念撮影

 

今回はここまで!


参考

 

YAHAGI Hajime の紹介

幸せを生み出すITを追求するクエステトラの一味です。 国産の BPM ソフト Questetra BPM Suite で日本・世界を幸せにしたい。
YAHAGI Hajime の投稿をすべて表示

あわせて読みたい
15.野望・展望・志 の前の記事 シリコンバレーの展示会!「英語ダメ」でもなんとかなった!?
15.野望・展望・志 の次の記事 会社法こそ「グローバル」であるべきだ
YAHAGI Hajime の他の記事 無料で作る「問い合わせ対応システム」応用2

アーカイブ

 RSS