クラウド型 ワークフロー

「超交流会」の季節がヤッテキタ!

今年は6月13日土曜日の開催です。25人の登壇者が14のステージ企画をします。

◆1. 同窓会なんてイラナイ?

行かないよねー、「同窓会」。。。

– 〇〇高校 同窓会(!!)
– 〇〇中学 同窓会(!!?)
– 〇〇小学校 同窓会(?!?)

 

まぁ、「学年での集まり」とか「クラス会」なら、予定があえば行くケド、、、全卒業生でやる「同窓会総会」と言われるイベントには、ナカナカ行く気になれない。。。

– 年配者の多さにドン引きしてしまったり、、、
– 悪しき伝統を若手に押しつけている実態があったり、、、

どうしても、そーなっちゃう。。。 (自分もそう思われないようにしないと・・・)

share-welcome

 

 

◆2. でも「全否定すべき存在」でもない

確かに、ワタシ自身「同窓会なんてイラナイ」と思っていた。(実際、同窓会総会には、数えるほどしか行ったことがない。)

しかし一方で「同窓の縁」とは実に有り難いモノだと痛感したことがある。(30歳代後半に入った頃だけど)

◇詳細はコチラ: ワタシは大学院で、何を学んだのだろーか? (2013-05-31)
http://www.questetra.com/ja/blog/cat-ambitions-ja/memory-kyoto-univ/

 

少し想像してもらえば、ひょっとして同意してもらえる部分もあるかも知れないのだが、

– たまたま知り合った人が同じ大学を出ていたら、、
– たまたま知り合った人が同じ高校を出ていたら、、、

その相手に対して、「安心感」というか、「信頼感」というか、、、何かそのような「本能的なツナガリ感」を感じることができる。(うまく表現できない)。そして、そのツナガリから広がるツナガリって、「それこそが自分そのもの」と思えるのだ。(うまく表現できない2)

share-networking

 

 

◆3. あり方自体を「若手」が変えよう!

ならば、同窓会総会の「あり方」を変えようぢゃないか!!

特に「幹事」と呼ばれる人が『やらされ感』を持っているようであれば、やっぱり不幸だ。「現状に不満」があるなら、それは「変化」へのチャンスだ。

そんなノリで、「京都大学大学院情報学研究科同窓会」は、2009年、それまでの「同窓会総会」を止めて、「オープンなITイベント “超交流会”」というワケの分からない(!?)イベントをすることになった。そして、「名簿の発行」や「会報の発行」など、それまでやっていた業務の大半を廃止した。

◇詳細: 超交流会とは何なのか? (2013-06-14)
http://www.questetra.com/ja/blog/cat-ambitions-ja/what-super-networking/
◇詳細: 同窓会の縁がつなぐネットワーキングも悪くないよ (2013-04-05)
http://www.questetra.com/ja/blog/cat-ambitions-ja/super-network-kyoto-univ/

share-web-entry

 

 

◆4. 京大「超交流会」をヨロシクです

早いもので(?)、今年で7年目になる。

まぁ、これまで、こういった「改革」には反対する意見もあった。最近になっても、たまに否定的なコメントを見聞きする機会もある。

– なぜオープン?
– なぜルールや伝統を守らない?
– 同窓会を私物化してはダメですよ

 

でも、肯定的なコメント、本当にたくさん頂く。そんなコメントに触れるにつけ、純粋にうれしい。そして「続けたい」と思う。。。

– 今年もよろしくお願いします。
– 楽しみにしてます! 運営頑張ってください。
– 去年の講演が面白かったので、今年も参加します。楽しみです!
– またしても参加。いろいろ広がりが出るイベントなので、ひじょ~に楽しみ。

 

とりあえず「10年」は、主催する側で居ようと思う。

もちろん誰か他の人が「やりたい」と思ってくれるのなら、いつでもバトンタッチしたい。もし10年やって、引き受け手がいないなら、その時は、「悪しき伝統を若手に押しつけている」ようなことにならないように、きれいに終わるべきかな、とも思う。(橋下市長風?チガウチガウ)

 

ま、なんにせよ、今年もヤリマスよ、「超交流会」!

「超交流会」にご興味ある方であれば、老若男女、学生社会人、どなた様もお誘いあわせの上、京大まで足を運んでくださいマセ。6月13日の土曜日です。25人の登壇者が14のステージ企画をします。(たぶん)

⇒ http://www.johogaku.net/sn2015

(ていうか、「事前登録」をマダしてない人、多すぎデス。早くしてクダサイ。)
whats-super-networking-kyoto-univ

 

▽その他、過去の関連ブログ
超交流会2014を終えて (2014-06-09)
http://www.questetra.com/ja/blog/cat-ambitions-ja/sn2014-feedback/
「超交流会」 の季節 (2014-06-06)
http://www.questetra.com/ja/blog/cat-ambitions-ja/kyoto-univ-it-event/
「縁」を大切に、人脈を広げよ! (2013-05-17)
http://www.questetra.com/ja/blog/cat-ambitions-ja/kyoto-it-networking/

 


超交流会2015 実行委員長 今村元一
京都大学大学院情報学研究科修了(2000.03)、京大情報学同窓会 元会長 (2010-2013)、副会長 (2013-)

 

.

IMAMURA Genichi の紹介

CEO & Founder - Questetra, Inc. || http://www.facebook.com/imamura.genichi
IMAMURA Genichi の投稿をすべて表示

あわせて読みたい
15.野望・展望・志 の前の記事 ビジネスソフト輸出へ一歩ずつ
15.野望・展望・志 の次の記事 シリコンバレーの展示会!「英語ダメ」でもなんとかなった!?
IMAMURA Genichi の他の記事 プロセス改善のススメ?

アーカイブ

 RSS