クラウド型 ワークフロー

ボクは、国のシステムを合理化して欲しいと思う

どうしてこんなに「ムダ」が? どうしてこんなに「手間」が? シンプルに、、、もっとシンプルに。。。

◆0. 政治

「小泉純一郎」が好きだ。
「田中角栄」が好きだ。
「池田勇人」が好きだ。
「吉田茂」が好きだ。

 

今は、、、特に居ない。まぁ、「石破茂」(自民)とか、「野田佳彦」(民進)とか、、、「小泉進次郎」(自民)は、好きな方かな。

 

で、、、参議院議員選挙(2016-07-10)の直前。。。自分の整理・記録のために、「政治に対する考察」をメモをしておこうと思った。。。 (←数年後に自分で読み返すとオモシロイ)

 

world-population-2010-env

 

 

◆1. 国政の議論

まぁ、所詮は「個人の感想」でしかないのだが、、、

– 正直『小さいテーマ』の議論はどうでもイイ
– もっと『大きいテーマ』での議論を尽くして欲しい

と思ってる。。。立憲主義だの、保育所おちただの、、、申し訳ないが小さい話だ。

 

たしかに、時代が平和なら『小さいテーマ』で議論するのも良い。

 

しかし、今、、「日本の少子高齢化」や「世界の人口爆発」という状況にある。つまり、

– 2015年、「125人の日本村」に老人は「34人」
– 2042年、「116人」に減るのに、老人は「37人」
– その後も、高齢者割合は上昇

 

あぁー、ワタシの70歳、、、このままでは、とてもじゃないが「平和な老後」を迎えられそうにない。(40%が老人だなんて、、、年金なんてもらえそうにない。。。)

 

今こそ『大胆な国策』が必要なのではないか???

 

テレビや街頭で聞こえる「野党共闘!」は方針ではない。「家庭に水素燃料電池を!」に至っては『国政』でもナンデモナイ。。。

※ 人口推計: http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/index-w.html
※ 老人:65歳以上。ワタシ:第2次ベビーブーマー、200万人/学年。

 

income-tax-documents

 

◆2. 方向性こそ政治

たとえば、社内の「業務プロセス改革」にしても、たしかに『小さな改善』は大切。

– 「紙の保存」を止めましょう
– 「承認の工程」を自動化しましょう
– 「入力チェック」されるスクリプトを組み込みましょう

それはソレで良い。

 

しかし「政治」が「政治」であるためには

– その業務、半分の時間ででいない?
– その業務、半分の人数でできない?
– その業務、そもそも不要?

という『大きな改善』を主導しなきゃダメだと思う。

 

simplify-complex-process

 

◆3. 訴えるべきテーマ

– 公務員の数
– 富の再分配方法
– 社会保障制度(特に年金保険と健康保険)

こういったテーマは『小さな改善』では何ともならない。しかも『小さな改善』をし過ぎると、ルールが複雑になりすぎる傾向にある。(年末調整とか、標準報酬月額とか、児童手当申請とか、、、どんだけ書類を作らせるんだい?)

 

– 「飛脚制度」を廃止し「郵便制度」を導入しよう!
– 「参勤交代」を廃止し「民主的な政府」を立ち上げよう!

現代の政治家たちにも、『未来の方向性』を語って欲しい。。。

 

tangled-bureaucratic-procedures

 

◆4. 政策の妄想

-A. 公務員の業務の「簡素化」
-B. 多かれ少なかれ「開国」
-C. 高所得者が「気持ち良く消費」できる仕組み作り

申し訳ないが「保育園に落ちた」と言う話は地方自治でやってもらうべきだと思う。。。つまり、それぞれの自治体が「いろんな挑戦」を競い合えばイイ。成功したところを真似ればイイ。

# ていうか「一極集中」を改善するためにも、東京なんて「保育園に落ちまくる場所」のままでイイんじゃないの?(爆) 東京を「子育てしやすい街」にする意味が分からなかったりする。。。(誤爆)

 

 

◆4-1. 国会議員

まずは「国会議員の半減」だ。。。真の「政治家」なら10年でできる。

 

議員定数の削減議論なんて、いつまでたっても終わらない。最高裁で「違憲状態」を議論するのも税金のムダでしかない。何年やってるんだ??

 

そして700人もイラナイ。700人も居るから、個々の政治家に興味を持てない。たとえば、中華料理屋に入って、メニューが700もあれば選べない。。。(←ちょっとチガウか)

– 参議院は「都道府県につき2人」(計94人)にする!
– 衆議院は「全国比例代表制で合計は300人」に! (非拘束名簿)

※ そしてこの2行を『日本国憲法』に直接書き込むのを、戦後初の「憲法改正」にしたらどうか?

 

そうすれば、都道府県代表の参議院議員が、どんな政治活動をしているのか気になるんじゃないだろうか?

そうすれば、全国の国民に対して(政治家本人が考える)「国としての方向性」を主張するようになるんじゃないだろうか??

 

◆4-2. 公務員

つぎに「国家公務員の2割削減」だ。。。。真の「政治家」なら5年でできる。

 

今、改めて思いだすのは「国鉄」だ。

国鉄はJRに代わって、本当によかったと思う。ワタシは小学生(の乗り鉄)ではあったが、なんともやる気のない人たちと思っていた。

そして今、、、申し訳ないが、社会保障・税務・法務に関わる人たちが「国鉄の職員」に見える。

 

そもそも税理士が居ないと申告できない税制なんてダメだ。

社労士が居ないと回らない社会保障制度なんてダメだ。

(労働局や年金事務所も含めて言えば「4割削減」でもイイくらいだ)

 

そして、直接税も間接税も、健康保険も年金も、、、「公務員の2割削減」の目標を実現するために抜本的に制度の簡素化を断行すべきだ。(←軽減税率なんて導入しないでぇ~。。。地域振興券とか誰か止めて~)

 

– 社会保障等の徴収コストがかかりすぎる強制保険は全廃する!
– 年金保険(国民年金・厚生年金)は完全民営化する!
– 1万円未満の医療費は100%自己負担にする!
– 医療費合計が月額1万円を超えた場合、累進的に振込返金する!

– 所得税等の徴税コストがかかりすぎる直接税は全廃を目指す!
– 当面、所得税は1000万円以上の年収分に限って累進的に課税する!

 

◆4-3. 気持ち良い消費

最も危惧すべきは、「宝くじの振興」や「サッカーくじ」など、ギャンブルを限定しているところだ。

 

「パチンコがギャンブルでない」なんて詭弁は、そろそろやめた方がイイ。富裕層には、もっともっと気持ち良く消費してもらえば良いのだ。(何のために稼ぐのか?)

#まぁ「FORCES will never be maintained.」って憲法に書いてあるのに「Self-Defence FORCE」が居てる、という不思議な国だから仕方ないのカモだが。。。

 

– 嗜好品の間接税(たばこ/酒/自動車/ガソリン…)を増税する!
– ギャンブルや風俗を幅広く合法化し、特別な間接税を課す!
– 有料道路/交通機関/放送機関に、特別な間接税を課す!
– その他の間接税(消費税)は全面的に廃止する!

 

◆5. まとめ

まずは少額でも良い。

「社会保障のスリム化」の前段として、全国民への定額給付を始めたらどうだろう。

– 赤ちゃんからお年寄りまで無条件一律に年60万円を定額給付する!
– 直接税/NHKなど、止むを得ない利用者負担費は歳入庁が一元徴収する!

 

(よっぽど、合理化したいんだなぁ、ワタシは。。。)

 

(うーん、多方面から怒られそうだ。。。)

 

とりあえず、選挙、、、行こ! (で、ドコに入れろと言うんだ。。。)

 

 

.

IMAMURA Genichi の紹介

CEO & Founder - Questetra, Inc. || http://www.facebook.com/imamura.genichi
IMAMURA Genichi の投稿をすべて表示

あわせて読みたい
15.野望・展望・志 の前の記事 笑顔でつなげよう、「超」交流の輪
15.野望・展望・志 の次の記事 業務フローの「自動化」とは何か?
IMAMURA Genichi の他の記事 無料クラウドで『マイナンバーシステム』を構築する60分

アーカイブ

 RSS