クラウド型 ワークフロー

コンソーシアム加盟はビジネスソフト輸出の近道になるか?

MIJS に加盟!多くの団体の中から MIJS が良いと思った理由があります。

こんにちわ!クエステトラの矢作です。

 

2013年4月、クエステトラは MIJS に準会員として参加することになりました。

MIJS での活動を通じて、協業の可能性を高めたり顧客創出につなげられることでしょう。

しかし、協業可能性の向上・顧客創出ということだけが目的であれば、MIJS である必要はありません。IT業界には、様々なテーマ・切り口で数えきれないほどの団体や組織が存在します。

そんな中で、MIJS に入会してみよう、入会してみたい、と思ったのは、MIJS での活動を通じてクエステトラが更に大きく成長できる、また、何よりも私(矢作)自身も成長できるのではないかと考えたからです。

MIJS ってなんやねん?

という人のために超簡単に説明すると、MIJS は Made In Japan Software Consortium を略したもので、その名のとおり、日本製のソフトウェアベンダが集まるコンソーシアムです。

日本のソフトウェアベンダが集まり、お互いの強みを掛けあわせることで生じるシナジーにより、日本のソフトウェアを世界に通じるナショナルブランドにすることを目的としています。

なぜ MIJS に参加?

クエステトラは設立時に「ソフトウェアの創造を通じて、世界中のビジネス革新に貢献する」をミッションとして掲げ、ソフトウェアの開発、情報発信などに取り組んできました。

どんなに面倒であろうとも、どんなにコストがかかろうとも、Web サイトやサービス(製品)のユーザインタフェースには、日本語版と英語版の両方を用意してきました。プレスリリースも英語での文章も作成し、海外メディアを使って配信を行ってきました。

多言語対応のWebサイト

このような活動の結果、無料サービスへの海外からの申込が全体の 50% を占めます。また、使い方や協業に関する海外からの問い合わせも毎月10件程度は発生するレベルになりました。

このように、クエステトラは常に世界を意識して活動しています。ビジネスソフト「Questetra BPM Suite」を輸出することを本気で考えています。

こんなクエステトラにとって、MIJS の【目的と趣旨】に書かれている「世界を目指す国産ソフトウェアベンダーが結集して、海外展開および国内競争力強化を図る」という考え方はぴったりなのです。(MIJS の目的と趣旨の詳細はこちら

MIJS がビジネスソフト「Questetra BPM Suite」輸出の近道になるかどうかは、もちろんクエステトラがどれだけ積極的にMIJSの活動に参加するかどうかにかかっています。 ただ、自社のソフトウェアを海外にも通用するレベルにしたいという考えの会員が集まる MIJS は、クエステトラのビジネスソフト輸出の実現に大きな力を持つことになることでしょう。

ほんとに理由はそれだけ?

MIJS に参加することを決めた理由はもうひとつあります。

それは、MIJS の会員交流会や各委員会の活動などに、会員企業のトップの人たちが積極的に参加されていることです。トップの人、というのは社長の場合もありますし、販売部門の責任者、技術部門の責任者など様々です。

MIJS ではお互いに自社の情報を持ち寄り、交換することでお互いに学び合おうという考えがあります。自分の持つ情報を出すことで、他の会員からも良い情報を入手する。このようなことができるのは、まさにトップの人が集まっているからできることでしょう。

もちろん情報も欲しいのですが、それぞれの企業の責任者と触れ合うことで、その人達から直接受けられる刺激が、私(矢作)やクエステトラが成長できるきっかけになることが、MIJS に加入することを決めたもう一つの理由です。

クエステトラが参加する委員会

MIJS には3つの委員会があります。

  • プロダクトビジネス推進委員会
  • 製品技術強化委員会
  • 海外展開委員会

それぞれの委員会の詳細な説明はまた別の場に譲るとして、クエステトラは「プロダクトビジネス推進委員会」と「製品技術強化委員会」に参加しています。

プロダクトビジネス推進委員会には私(矢作)が、製品技術強化委員会には畠中江原(2人とも Questetra BPM Suite の開発に関わっています)が担当者として参加しています。

今年度(2013年度)は初めて MIJS に参加するということと、単純に活動に参加するだけのリソースが無いという理由で、海外展開委員会には参加しませんが、来年度(2014年度)は何とか参加したいものです。

 

MIJS の活動を通じて、もちろんクエステトラ自身の成長を実現するだけでなく、日本のソフトウェア産業に貢献できるよう頑張ります。

今回はここまで!

YAHAGI Hajime の紹介

幸せを生み出すITを追求するクエステトラの一味です。 国産の BPM ソフト Questetra BPM Suite で日本・世界を幸せにしたい。
YAHAGI Hajime の投稿をすべて表示

あわせて読みたい
15.野望・展望・志 の前の記事 Twilio で電話の無いコールセンター!? (プッシュ入力で注文プロセスを開始編)
15.野望・展望・志 の次の記事 「縁」を大切に、人脈を広げよ!
YAHAGI Hajime の他の記事 フィールドエンジニアリングBPM事例1・業務プロセスの可視化(見える化)

アーカイブ

 RSS