クラウド型 ワークフロー

働き方改革を支援する制度

助成金活用により IT ツール導入の際の教育コストを下げる方法を紹介するセミナーがあります。

 

働き方改革を実現するためには

  • 自動化や仕組み化により生産性を向上して労働時間を短縮する
  • 場所や時間帯にとらわれないで働けるようにする

等 IT ツールを活用することで支援できる点が多くあります。

一方で IT ツールを活用するための教育コストがネックになって、なかなか進めにくいケースもあるかと思います。そういった場合に助成金を活用する、という方法があります。

以下のセミナーでは、働き方改革の実現を支援するツールの紹介と、助成金の活用方法を紹介します。
興味のある方はぜひご参加ください。

クエステトラが提供するクラウド型ワークフロー「Questetra BPM Suite」についても紹介する予定です。

名称 ワークライフバランス 働き方改革セミナー @大阪
テレワークによるワークスタイル変革で長時間労働を是正
URL http://www.telework-ict.info/seminar/20150925.html
日時 2017年11月20日(月) 15:00~17:30(14:30 受付開始)
会場 サイボウズ株式会社 大阪オフィス
大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー 35F
参加費 無料(事前登録制)
申込 イベント詳細ページ の下方にあるお申込みフォームより登録をお願い致します
主催 テレワーク ICT 協議会
※「テレワーク ICT 協議会」(http://www.telework-ict.info/)は、政府が推奨しているテレワークの普及・発展を推進するために設立されました。株式会社クエステトラは、ICT提供企業の会員として、協議会の活動に参加しています。tereworkict_logo3

「クラウド型ワークフロー」が「働き方改革」に貢献できること

クエステトラが提供するクラウド型ワークフロー「Questetra BPM Suite」で以下が実現できます。

  • 自動化することで無駄な作業の短縮やミスの低減
  • フローシステムを使って進捗可視化することで無駄な報告の削減や管理コストの削減
  • クラウド利用により自宅や外出先からでも、また移動等のすきま時間でも業務を実施

また、クエステトラ自身も「Questetra BPM Suite」、「G Suite」を活用して、テレワーク環境を構築・利用し、柔軟な働き方をできるようにしています。筆者自身も、急な家族のトラブルで出社ができない場合に自宅から業務を実施する、電車での移動中でも急ぎの受注処理を進める等、非常に助かっています。

今後も、そのような柔軟な労働環境の普及に貢献していきたいと考えています。

telework_QBPMS

Kusaka Tsuyoshi の紹介

営業をやってますが、もともとエンジニアなので、プログラミングもやります。
Kusaka Tsuyoshi の投稿をすべて表示

あわせて読みたい
10.予告アナウンス の前の記事 成功するBPMを紹介!「第10回 BPM フォーラム 2015」
Kusaka Tsuyoshi の他の記事 右クリックで案件データをカンタン検索(Chrome 拡張機能)

アーカイブ

 RSS