クラウド型 ワークフロー

顧客満足度を向上させる日々のカイゼンとは?

現場で小さな成功を繰り返すこと。

こんにちわ!矢作です。

 

「Questetra パートナープログラム」では、認定パートナー様にトレーニングを受講していただいています。
※ Questetra パートナープログラムについては「クラウド導入の成否は支援企業がカギ!」などを参考にしてください。

 

「どんなトレーニングやってんの!?」と聞かれることも多いので、ブログのネタとして少しずつ紹介していきます。

 

2種類のトレーニング

 

トレーニングには「セールストレーニング」と「テクニカルトレーニング」があります。その名から想像される通り、営業マン向けのトレーニングとエンジニア向けのトレーニングです。

 

共通の内容も含まれますが、セールストレーニングが「Questetra BPM Suite をどうやって売っていけば良いのか?」ということに重点が置かれていることに対して、テクニカルトレーニングは「Questetra BPM Suite を使いこなす」ことに重点が置かれています。

 

outlilne-of-training

 

セールストレーニングを受講した人はBPMセールスとして、テクニカルトレーニングを受講した人はBPMエンジニアとして認定いたします。

「Questetra パートナープログラム」に参加していただくパートナー様には、必ずBPMセールスとBPMエンジニアを体制として準備していただく必要がありますので、パートナーに認定させていただいた後は、できるだけ早い時期にトレーニングを受けていただくことにしています。

Questetra BPM Suite のコンセプト

 

トレーニングの中で最も重要な部分は「Questetra BPM Suite のコンセプト」です。

 

Questetra BPM Suite を使って、お客様を幸せにする提案をするために、最初に Questetra BPM Suite がどのようなコンセプトで作られているのか を知って頂く必要があります。

 

コンセプトについて十分な理解が無いままに、”機能” や “事例” を知っていただいても、お客様に対して的はずれな提案、もしくは無理矢理な提案になり、お客様を不幸な状態に導いてしまいかねないので、コンセプトについての説明についてはできるだけゆっくりと丁寧に説明をするようにしています。

 

Questetra BPM Suite のコンセプトとは何か?キーワードとしては、「現場主導」「成功の連続」といったところでしょうか。

 

Questetra BPM Suite は企業や組織における BPM (Business Process Management) という活動を支援するシステムです。この BPM という活動の結果、収益UP、顧客満足度UP、内部統制強化というような目的を達成しなければなりません。

 

purpose-of-bpm

 

クエステトラが考える BPM は、製造業における生産現場での改善活動と同じく、業務を遂行する現場で進められるべきものであり、小さな改善を繰り返すことで小さな成功を積み重ねることです。

 

bpm-of-questetra

 

現場主導で、小さな成功を連続して生み出す BPM を実現することを目指して Questetra BPM Suite は作られています。

IT に詳しくない業務を遂行する現場でも導入できるように、

  • ソフトウェアのセットアップやネットワークの設定などが不要なクラウドサービスとして提供
  • プログラミングに関する知識を必要とせず、業務フロー図を書くだけで業務システムが構築される機能を提供

という工夫をしています。

 

また、改善すべきことを業務システムに反映するには、Drag & Drop で業務フロー図を変更するだけで良いという点も、小さな成功を生み出す仕掛けになっています。

 

パートナー様には、これらのコンセプトを十分に理解していただき、クエステトラと一緒にお客様を幸せにする提案を行っていければと考えています。

 

トレーニングで説明することは他にもありますが、今回はここまで!

参考

 

YAHAGI Hajime の紹介

幸せを生み出すITを追求するクエステトラの一味です。 国産の BPM ソフト Questetra BPM Suite で日本・世界を幸せにしたい。
YAHAGI Hajime の投稿をすべて表示

あわせて読みたい
55.カイゼン Tips の前の記事 IT部門の信頼度を上げる方法
55.カイゼン Tips の次の記事 Questetra の評価方法は?(ステップ1)
YAHAGI Hajime の他の記事 営業案件の『ステータス』は3段階で十分!?

アーカイブ

 RSS