クラウド型 ワークフロー

事例記事作成、イイ文章を書くにはどうしたらいいの!?

リアリティが命!

こんにちわ!矢作です!

 

私が所属するクエステトラは、企業が利用するコラボレーションソフトを作り、クラウドサービスとして提供しています。このようなサービスをより多くの企業に使っていただくためには、イイ事例記事をたくさん用意しておかなくてはなりません。

 

事例記事作成、お客様の協力どうやったら得られる!?」という記事では、事例記事を作成するために、お客様の協力を得るためにはどのような工夫をすればよいのか書きました。

 

今回は、イイ事例記事を書くための工夫について書きました。

 

writing

事例記事の価値とは

 

事例記事の役割は、その記事を読んだ人に「自分もそのサービスや製品を使ってみたい!」と思わせること。

 

売る側が語る美しい話、素晴らしい話を聞いて、「それはうちの組織には当てはまらないような気がする」「それは理想論ではないのか?」「そんなにうまいこといくかな?」など、「それ本当?」と心の中で呟いたことがある人は多いでしょう。

 

でも、買った人使った人が、その感想を実体験として語ると、そのサービスや製品の “良さ” を感じることができるのです。

 

それは、自分たちと同じ側、売る側ではなく買う側の人の言葉からは“リアリティ”を感じるからではないでしょうか。

 

reality

 

イイ事例記事を作成するためのポイント

 

うまくお客様の協力を得られ、いいネタをきちんと集めることができたとしても、いい記事に仕上げることは大変です。

 

でも、ポイントを理解した上で工夫すれば少しは楽になります。

 

  • テーマをひとつに絞ること
  • リアリティのある内容にすること

 

この2つのポイントを押さえて文章を書くことで、読み手にとって読みやすくなり、そのサービスや製品の価値を適切に理解することができる、いい記事に近づくのです。

 

テーマをひとつに絞ること

 

今、私(矢作)が書いているブログの記事作成にも言えることですが、その記事で訴えたいテーマを絞ることがとても重要です。

 

読み手の立場に立つと、あまりにも長い記事の場合、途中で読み疲れてしまって最後まで読むことができません。また「この記事長い!」と思うと、そもそも読みたくない、という気持ちが働きます。私(矢作)のブログはいつも長くなってしまいますが…(汗)

 

記事全体が長くならないためにも、テーマをひとつに絞るのが良いです。また、短い記事だとしても、そのテーマについてしっかりと書くために、ひとつに絞るべきです。

 

お客様から多くのネタを仕入れていざ記事を書こうとすると、せっかく話を聞かせていただいたのだから、とか、これも良い話だし、あれも良い話だから、というような気持ちが働くものです。でも、そこは心を鬼にして、テーマをひとつに絞るべきです。絞り切れない場合には、テーマが異なる記事を複数書くことをオススメします。

 

リアリティのある内容にすること

 

お客様の事例だから、ということだけで何も考えずに書いていると、リアリティのある記事にはなりません。リアリティのある記事を書くポイントは、具体性にこだわることだと思います。

 

例えば、「このサービスを利用することで、大幅にコストダウンを実現した」というような表現は具体性に乏しくリアリティに欠けます。これを、「月に xxx 件の処理を行うのに yyy 分かかっていたのが、半分の時間で済むようになり、大幅なコストダウンが実現されました」というように表現されると、具体性が高まりリアリティを感じることができます。

 

また、数字で表現されないようなことでも、実際にその会社で使われている言葉を利用することもリアリティを高めるための良策です。

 

例えば、JTB情報システム様では一般的な稟議フローのことが「立案」と呼ばれています。これを一般的な表現である “起案” に置き換えてみたり、稟議とまとめてしまったりすると、せっかく聞いてきた「立案」という生々しい表現を消してしまうことになります。

 

そこで、JTB情報システム様の事例記事では、私どものサービスを「経費支出の立案(起案)および決裁」に適用している、という表現にしました。

jis-case-study

このように、できるだけ現場で本当に使われている言葉を採用することもリアリティを高める内容に近づけるため良い手段といえるでしょう。

 

◇◇

 

事例記事を書くのはとても難しい作業ですが、ここに書いた内容が少しでもその作業を楽にしてくれると思います。

 

今回はここまで!


参考

 

YAHAGI Hajime の紹介

幸せを生み出すITを追求するクエステトラの一味です。 国産の BPM ソフト Questetra BPM Suite で日本・世界を幸せにしたい。
YAHAGI Hajime の投稿をすべて表示

あわせて読みたい
55.カイゼン Tips の前の記事 事例記事作成、お客様の協力どうやったら得られる!?
55.カイゼン Tips の次の記事 流れが見えると、改善の議論が盛り上がる!
YAHAGI Hajime の他の記事 BPMフォーラム2013 ハッピでプレゼン編

アーカイブ

 RSS