クラウド型 ワークフロー

オトコのネイルアートも意外といい!?

名刺交換で盛り上がるっ!

こんにちわ!クエステトラの矢作です。

 

お客様を訪問した時、お客様から話しかけられて嬉しくなる瞬間があります。

 

それは名刺交換の時。「よろしくお願いします。ちょうだいいたします。」って言う儀式的な言葉のことじゃないですよ。

 

それ、なにですか!?」です。

 

questioning-woman

指先

 

名刺を交換する時、必ず名刺に視線を落としますが、同時に名刺を持つ親指が目に入ってきます。

 

私(矢作)の場合は、こんな感じです。

 

nail-and-business-card

 

親指の爪にデザインをしています。名刺交換の時に必ず見てもらえます。

 

こんな風にネイルをやっている男の人ってほとんどいないので、「営業のコツ – 自分動画で覚えてもらう」に書いたのと同じような効果があります。

 

「男の人でネイルのデザインしている人は初めて見ました」「カワイイですね」など、マジメな仕事の話をする前にちょっとした雑談ができて、その場が和んだりします。

 

私(矢作)のことを「あ、あのネイルやってた人ね」って、少しは覚えてくれるんじゃないか、なんてことも淡く期待したりします。

 

ゲイじゃない

 

私(矢作)のネイルを見て声を掛けてくれるのはほとんどが女性です。男性は10人に一人くらいしか声を掛けてくれません。

 

男性は女性に比べて気づかない。気づいても声をかけない。

 

よくよく話を聞くと「この人、ゲイだったらどうしよう」と思い、声をかけづらいとのこと。ゲイじゃないので、遠慮なく話題にしてくださいね。

 

それに比べて、女性は遠慮なく話題にしてくれます。話が弾みます(笑)。
※ 飲食店でお金を支払う時に女性店員さんに声をかけてもらうこともあります。おじさんとしては嬉しい限りです(笑)。

 

月に1度のリニューアル

 

このネイルは既に1年以上やっていて、そこそこのコレクションになりました。1ヶ月に1度くらいのペースで新しいデザインに変えています。

 

最初は、クエステトラのキャラクターである「クエスくん」をあしらったものにしていたのですが、最近は「クエスくん」を無視したデザインにしています。(ネタ切れ!)

 

私(矢作)がネイルを続けられるのは、私の妻がネイリストだからです。

 

正直言って、妻がネイリストじゃなければ、自分の爪にこんなデザインをすることはなかったでしょうね。

 

これまでのネイルの記録は facebook 上で公開していますので、興味がある人はご覧くださいませ。(下の画像をクリック)

 

otokonail-list

 

今回も、本業(BPMやってます)とは全く関係ないことを書いてしまった…(苦笑)。

 

男がネイルすると、ちょっと盛り上がるって話でした。

 

最近は、男性にもネイルの施術をやってくれるネイルサロンもたくさんあるみたいなので、営業マンは一度お試しになることをオススメします。

 

今回はここまで!

YAHAGI Hajime の紹介

幸せを生み出すITを追求するクエステトラの一味です。 国産の BPM ソフト Questetra BPM Suite で日本・世界を幸せにしたい。
YAHAGI Hajime の投稿をすべて表示

あわせて読みたい
55.カイゼン Tips の前の記事 営業のコツ - 自分動画で覚えてもらう
55.カイゼン Tips の次の記事 仕事の「順番」を自動化しよう!
YAHAGI Hajime の他の記事 salesforce とクラウド型ワークフローを連携させるには?

アーカイブ

 RSS