クラウド型 ワークフロー

「マイナンバー収集体制」の構築支援について

「マイナンバー収集システム」セットアップのお手伝いや、ご利用レクチャを行います。(有料)

こんにちわ!矢作です!

 

どの企業も、社員などのマイナンバーを収集しなくてはなりませんが、『「マイナンバー収集体制」カンタン構築方法!』で、その収集体制を構築する方法を紹介しました。

 

その記事を参考にマイナンバーを収集する体制を構築するのは難しくありませんが、それでも「自分たちで取り組む時間がない!」という、多忙なマイナンバー担当者様(お客様)を支援するサービスを、クエステトラは用意しています

提案書はこちら

 

outline-of-proposal

 

お客様は作業不要!

 

クエステトラのスタッフは、マイナンバー収集体制の構築にあたり、次のような支援を行います。

 

  • 「マイナンバー収集システム」の構築
  • 「マイナンバー収集システム」ご利用の支援

 

「マイナンバー収集システム」の構築が完了するまで、お客様は一切の作業が不要です。また、「マイナンバー収集システム」の利用に関する管理者向けのレクチャも含まれます。

 

「マイナンバー収集システム」構築支援の流れ

 

「マイナンバー収集システム」は、クラウド型ワークフロー「Questetra BPM Suite」上に、マイナンバー収集業務プロセスをセットアップし、ユーザ/組織情報などを設定することで完成します。

 

マイナンバー収集システムの構築支援と、ご利用レクチャは、次のような流れで実施いたします。

 

0. デモによる「マイナンバー収集システム」の詳細を紹介(無料)

 

  • 代表的なマイナンバー収集プロセスを紹介します。
  • お客様には、この後、ご発注をご判断頂きます。

 

※デモについては、訪問が困難な場合には、Web 会議形式で実施いたします。

 

1. ご要望確認の打ち合わせ(2時間程度)

 

  • ユーザ/組織情報など、各種設定に必要な情報を整理します。
  • 打ち合わせ後、クエステトラにてご利用環境を準備します。

 

2. 管理者様向けご利用レクチャ(2時間程度)

 

  • 使い方、設定変更を行う方法などについて説明を行います。
  • 必要に応じて、軽微な改良を行い、ご利用環境が完成します。

 

業務フローの軽微なカスタマイズは可能です。動作確認を含めて30分程度の作業でできる範囲でさせていただきます。

 

支援は54万円で

 

前節で書かせていただいた、1, 2 の打ち合わせやレクチャを含めて「マイナンバー収集システム」の完成まで54万円でさせていただきます。

 

別途、ご利用ライセンス数に応じた「Questetra BPM Suite」の利用料(1ユーザあたり月額500〜1,000円)が発生します。

 

  • ケース1:社員数100名、収集期間3ヶ月
    • 導入支援費 540,000円
    • ライセンス費用 月額100,000円 x 3ヶ月 = 300,000円 合計 840,000円

 

  • ケース2:社員数300名、収集期間3ヶ月
    • 導入支援費 540,000円
    • ライセンス費用 月額250,000円 x 3ヶ月=750,000円 合計1,290,000円

 

クラウド型ワークフロー「Questetra BPM Suite」をベースとする「マイナンバー収集システム」の構築は、もちろんお客様自身でもカンタンに行えますが、時間がない!という場合には、是非、クエステトラに任せることもご検討くださいませ!

 

今回はここまで!


 

参考

YAHAGI Hajime の紹介

幸せを生み出すITを追求するクエステトラの一味です。 国産の BPM ソフト Questetra BPM Suite で日本・世界を幸せにしたい。
YAHAGI Hajime の投稿をすべて表示

あわせて読みたい
55.カイゼン Tips の前の記事 「マイナンバー収集体制」カンタン構築方法!
55.カイゼン Tips の次の記事 顧客マスタを選択肢 XML で実現してみる(その1)
YAHAGI Hajime の他の記事 salesforce とクラウド型ワークフローを連携させるには?

アーカイブ

 RSS