クラウド型 ワークフロー

コンビニ印刷サービスとクラウド BPM との連携事例

「ネットワークプリント」(シャープ社)と Questetra の連携

 

システム連携ネタでよくブログを書いている日下です。
※ちなみにこれまでのネタはこちら

 

あるお客様からのご依頼で、コンビニ印刷サービス(シャープ社の「ネットワークプリント」)との連携を実現しましたのでご紹介します。
networkprint_logo

 

このお客様はコンサルタントの方が全国を飛び回られており、社外で資料の出力が必要なケースがよく発生されるとのこと。そこで以下のようなコンビニで資料を出力できる仕組みを準備しました。
networkprint1

「ネットワークプリント」には REST API が準備されていましたので、プロセスモデルの設定(レスポンス解析部分で少しスクリプト要)だけで実現できました。
※「ネットワークプリント」の API 詳細は仕様公開されていませんので、「ネットワークプリントWeb API」のページからお問合せください。

以下、詳細を説明します。

「メッセージ送信中間イベント(HTTP)」で「ネットワークプリント」の API をたたいて、その結果を解析して対応する、という処理の繰り返しです。

 ファイルアップロードの API をたたいて結果確認
  ↓
 そのファイルの準備処理できたかどうかをファイル情報取得の API をたたいて確認
 もしまだなら少し待ってから再実行
  ↓
 完了したらメールで通知

モデル図は以下のような感じです(ファイルを2つアップできるようにしているので、上下で同じような処理が2回続く形になっています)。
ネットワークプリント_20170126_181335

※「メッセージ送信中間イベント(HTTP)」の詳細については以下を参照
M225 自動イベント 業務データを組み込んだHTTPリクエストが、自動的に送信されるように設定する

ここまでで実現したことだけであれば、もともとシャープ社から準備されているアプリでも十分かもしれません。Questetra を使うメリットは処理記録を残している点ぐらいでしょうか。

ただ、例えば『セミナーの申込を受けて、事務局側で事務手続きが完了したら、案内書類が自動作成されて、コンビニからその書類が出力できるよう通知を送る』といったことを実現するとなると Questetra が力を発揮します。
Questetra は Web フォームを作ることができ、また PDF 自動生成もできますので、上記の業務を全てカバーできます。
networkprint2

※「Web フォームからの業務開始」、「PDF 自動生成」の詳細については以下を参照
M220 自動開始 公開フォーム画面に入力があった時に自動的に開始されるように設定する
M220 自動開始 公開フォーム画面に入力があった時に自動的に開始されるように設定する

 

もし Questetra とネットワークプリントの連携がしたいという場合には、お問合せフォームからご相談ください。すでに実現例がありますので、要件にもよりますが、短期間で実現できるかと思います。

 

Kusaka Tsuyoshi の紹介

営業をやってますが、もともとエンジニアなので、プログラミングもやります。
Kusaka Tsuyoshi の投稿をすべて表示

あわせて読みたい
50.Questetra Tips の前の記事 失敗しない!選択肢 XML 更新作業とは?(サービスタスク Addon編)
50.Questetra Tips の次の記事 kintone の「プロセス管理」で困ったときに(その1)
Kusaka Tsuyoshi の他の記事 社内チャット「slack」で業務のダイジェストを確認する方法

アーカイブ

 RSS