業務フロー図とは

業務フロー図とは、作業工程を分かりやすく図解表記した工程図です。主に企業内での業務手順について、「基本的な図形」と「矢印」を組み合わせて描画します。

今日では、経営者が自社内の『内部統制の状況』を評価する際、あるいは経営者が自社内の『内部統制の状況』を報告する際に、必須のツールと言われています。世界中で様々な表記法が考案されてきましたが、今日では世界標準の表記法『BPMN』で描かれることが多くなったと言えます。 ※ BPMN: Business Process Model and Notation (旧 Business Process Modeling Notation)

なお、「業務フロー図」は、BPMNの仕様書中では「ビジネスプロセス図」(BPD)と定義され、また金融庁文書(SOX法関連)の中では「業務の流れ図」と呼ばれます。 ※ Business Process Diagram

 

BPMN以外の代表的な描画表記法

  • EPC (イーピーシー): SAP社のERPパッケージなど(Event-driven Process Chain)
  • UMLアクティビティ図: システム設計など
  • IDEF0 (アイデフゼロ): ISO9000導入時など
  • JISフローチャート: プログラミング言語の教育現場など (JISX0121)
  • 産能大式フローチャート (産能大式): 作業工程マニュアルなど (記号種類多)
  • NOMA方式フローチャート (NOMA方式): 作業工程マニュアルなど (記号種類少)
  • 日本能率協会方式フローチャート (日能式): 作業工程マニュアルなど
  • 業務の流れ図:  Work Flow Architecture 日本政府調達用EA(Enterprise Architecture) 2003年版

 

世界標準化の歴史

業務フロー図(ワークフロー図)の表記方法は OMG (the Object Management Group) や WfMC (Workflow Management Coalition) などによって標準化が進められています。標準化の経緯概略は年表の通りです。