クラウド型 ワークフロー

7月18日(東京): 「AWS Summit Tokyo 2014」 CTO 登壇

技術セッション『クラウド時代到来。国産パッケージベンダーが取るべき製品戦略とは?』に CTO 畠中がパネリストとして登壇します!

7月17日、18日の2日間に渡って開催される『AWS Summit Tokyo 2014』は、エンタープライズ企業から、教育・公共・医療機関等まで、幅広い分野における最新の クラウド導入事例と、クラウドテクノロジーのトレンドについて一度に見ることができる、AWSクラウドに関する国内最大規模のカンファレンスです。

本カンファレンスの技術セッション「クラウド時代到来。国産パッケージベンダーが取るべき製品戦略とは?」にて、クエステトラ CTO 畠中がパネリストとして登壇します。

名称 AWS Summit Tokyo 2014
費用 無料(要事前登録)
日時 2014年7月17日(木)~18日(金)
10:30 ~ 19:00 (18日は20:30まで / 受付開始 9:15)
会場 グランドプリンスホテル新高輪 (国際館パミール)
〒108-8612 東京都港区高輪 3-13-1 アクセス情報
申込 AWS Summit サイト
主催 アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
タイトル [Technology: TE-10]
【パネルディスカッション】クラウド時代到来。国産パッケージベンダーが取るべき製品戦略とは?
(MIJS – Amazon共同企画セッション)
日時 2014年7月18日 17:20 – 18:20
モデレーター 小野 和俊
(株式会社アプレッソ 代表取締役社長 / MIJSコンソーシアム 製品技術強化委員会 委員長)
パネリスト 山田 誠(スーパーストリーム株式会社 マーケティング企画部 部長)
竹澤 聡志(株式会社テラスカイ 取締役製品開発部部長)
千賀 大司(株式会社ブロードリーフ 事業本部 開発グループ 技術企画部 部長)
畠中 晃弘(株式会社クエステトラ 取締役 & 執行役CTO)
概要 オンプレミス向けのパッケージ製品を開発してきたパッケージベンダーは、いまクラウドに対してどのように取り組んでいるのか。実際に製品のクラウド対応に取り組んでいるMIJS会員ベンダー各社のエンジニアを迎え、クラウド時代のパッケージベンダーの製品戦略やそこで働くエンジニアのあるべき姿についてディスカッションします。