クラウド型 ワークフロー

2月15日(東京):無料ハンズオンセミナー ~業務プロセス設計 中級編(データ自動更新)~

「Questetra BPM Suite」は、Drag&Dropの簡単操作で、業務ルールや業務の流れを設定し、業務プロセスを定義することができるツールです。プログラミングやシステムの知識がなくても、ブラウザだけで、誰でも簡単に業務システムを作成できます。

業務プロセスを自動化することは、業務担当者の生産性の向上に寄与します。本セミナーでは、Questetra において「データを自動的に変更する」を方法について、実際の操作を通じて学習していただきます。
開発者自身が講師をつとめますので、疑問点もその場で解決!参加者の方とコミュニケーションをとりながら、進めていきます。

 

参加者の方には、「マニュアル冊子」をプレゼント!

使い方1:案件を処理する編

業務処理を担当する方へ

使い方2:業務プロセスを定義する編

業務フローを設計する方へ

日時 2017年2月15日(水) 16時00分〜17時45分
場所 AP品川
最寄駅:品川駅(徒歩3分)
住 所:東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル9F・10F
AP品川 アクセスマップ

※「AP品川アネックス」ではございません。お間違いないよう、ご注意下さい。
費用・定員 無料、4名
準備・持ち物
  • ノートPC
    • 無線LANに接続可能なもの
      • あらかじめ接続方法などを確認しておいて下さい
      • アクセスポイントの情報は当日お知らせいたします
    • 「Flash Player」がインストールされていること
  • Questetra BPM Suite 環境
※無線LAN接続環境は提供しますが、インターネット接続環境もあると望ましい
※Questetra の利用環境をお持ちでない場合は、事前に無料版にお申し込み下さい
対象者
  • ワークフロー設計者として Questetra を操作されている方
  • ハンズオンセミナー「ビギナー編」の内容は理解されている方
  • 自動処理(自動的なデータの変更)について、理解を深めたい方
内容 Questetra では、自動工程を利用して、データを自動入力することが可能です。自動的なデータの変更について、複数の実現方法を学びます。
セミナー中、随時、質問を受け付けておりますので、ご不明な点はお気軽にご質問ください。

  1. 「サービスタスク(データ設定)」を活用した、自動的なデータの変更
  2. 「サービスタスク (Add-on)」を活用した、自動的なデータの変更
  3. 「スクリプトタスク」を活用した、自動的なデータの変更

フォームを新しいタブ(ウィンドウ)で開く

あわせて読みたい
の前の記事 「選択肢マスタ」を更新・削除しても、[スクリプトタスク]から選択肢を参照した際に反映していない場合がある