使い方4 : もっと便利に活用する編

フロー途中の[自動工程]は特定の作業を “無人化” します。上手に組み合わせることで、業務の高速化やヒューマンエラーの防止を実現できます。
M4-2長大なプロセスモデルを分割するには、[プロセスモデル接続 API]を活用します。責任分界点を明確にすることで業務の改善サイクルが加速します。
M4-3外部アプリの開発を行うには[ソフト開発 API]を活用します。特定業務のモニタリングシステムやユーザ情報の同期ツールを作成することも可能です。