TSV の列追加

タブ区切りテキスト(TSV)の末尾に文字列を追加し、新たなTSVとして文字列型データ項目に格納します。

    A. TSVデータが格納されている文字列型データ項目を選択してくださいデータ項目選択文字列型必須
    B. 行末追加文字列が格納されている文字列型データ項目を選択してくださいデータ項目選択文字列型(単一行)必須
    C. 生成TSVが格納される文字列型データ項目を選択してください(更新)データ項目選択文字列型(複数行)必須
    -設定変数名設定ラベル
    Aconf_DataIdATSVデータが格納されている文字列型データ項目を選択してください
    Bconf_DataIdB行末追加文字列が格納されている文字列型データ項目を選択してください
    Cconf_DataIdC生成TSVが格納される文字列型データ項目を選択してください(更新)
    //// == 自動工程コンフィグの参照 / Config Retrieving ==
    var dataIdA = configs.get( "conf_DataIdA" ); // (returns Number)
    var dataIdB = configs.get( "conf_DataIdB" ); // (returns Number)
    var dataIdC = configs.get( "conf_DataIdC" ); // (returns Number)
    
    //// == ワークフローデータの参照 / Data Retrieving ==
    var myTsv = data.get( dataIdA ) + "";
    // "Java String" to "JavaScript String" for Rhino Engine
    var endCol = data.get( dataIdB ) + "";
    
    //// == 演算 / Calculating ==
    var newTsv = "";
    var linesArray = myTsv.split("\n"); // string[]
    
    for (var i=0; i < linesArray.length; i++){
      newTsv += linesArray[i] + "\t" + endCol + "\n";
    }
    
    //// == ワークフローデータへの代入 / Data Updating ==
    retVal.put( dataIdC, newTsv );
    

    • A’: Aで選択したデータ項目に格納されている TSV テキスト
    • B’: Bで選択したデータ項目に格納されている文字列
    • A’の各行末にB’が追加された TSV テキストが、Cで選択したデータ項目に格納されます