コンバータ (Date to 和暦テキスト)

日付型データ項目を和暦表記に変換し、文字列型データ項目に格納します。

    A. 日付型データ項目を選択してくださいデータ項目選択日付型必須
    B. 文字列型データ項目を選択してください(更新)データ項目選択文字列型必須
    -設定変数名設定ラベル
    Aconf_DataIdA日付型データ項目を選択してください
    Bconf_DataIdB文字列型データ項目を選択してください(更新)
    //// == 工程コンフィグの参照 / Config Retrieving ==
    var dataIdA = configs.get( "conf_DataIdA" ); // (returns Number)
    var dataIdB = configs.get( "conf_DataIdB" ); // (returns Number)
    
    //// == ワークフローデータの参照 / Data Retrieving ==
    var myDate = data.get( dataIdA );
    // myDate: com.questetra.bpms.util.AddableDate()
    // Christian Era Date = Japanese Era String
    // 1900-01-01 = 明治33年1月1日
    // 1912-07-29 = 明治45年7月29日
    // 1912-07-30 = 大正元年7月30日
    // 1926-12-24 = 大正15年12月24日
    // 1926-12-25 = 昭和元年12月25日
    // 1989-01-07 = 昭和64年1月7日
    // 1989-01-08 = 平成元年1月8日
    
    //// == 演算 / Calculating ==
    var locale = new java.util.Locale( "ja", "JP", "JP" );
    // language (言語コード), country (国コード), variant (変異コード)
    var imperialYearFormat = new java.text.SimpleDateFormat( "GGGGyyyy年M月d日", locale );
    var myDate2 = imperialYearFormat.format( myDate.getTime() );
    
    //// == ワークフローデータへの代入 / Data Updating ==
    retVal.put( dataIdB, myDate2 );
    

    • A’: Aで選択したデータ項目に格納されている日付
    • 日付A’が和暦表記に変換され、Bで選択した文字列型データ項目に格納されます
    • 西暦1900年(明治33年)以降の日付が変換可能です (例 1989-01-07: “昭和64年1月7日”、1989-01-08: “平成元年1月8日”)