ファイル名ジェネレータ (in:なし、out:文字列型C)

先頭文字、案件ID、日時、末尾文字、を結合して生成したファイル名をデータ項目に格納します

    A. ファイル名の先頭文字をセットしてください(例: "Quote-")単一行記述EL式挿入も可
    B. ファイル名の末尾文字をセットしてください(例: ".pdf")単一行記述EL式挿入も可
    C. ファイル名を格納するデータ項目 (更新)データ項目選択文字列型(単一行)必須
    -設定変数名設定ラベル
    Aconf_PrefixCharacterファイル名の先頭文字をセットしてください(例: "Quote-")
    Bconf_PostfixCharacterファイル名の末尾文字をセットしてください(例: ".pdf")
    Cconf_FileNameDataIdファイル名を格納するデータ項目 (更新)
    //// == 自動工程コンフィグの参照 / Config Retrieving ==
    var prefix = configs.get("conf_PrefixCharacter") + "";
    var postfix = configs.get("conf_PostfixCharacter") + "";
    var dataIdC = configs.get("conf_FileNameDataId");
    
    //// == ワークフローデータの参照 / Data Retrieving ==
    // no need
    
    //// == 演算 / Calculating ==
    var pid = processInstance.getProcessInstanceId() + "";
    
    var myToday = new Date(); 
    var yyyy = myToday.getFullYear(); 
    var M = myToday.getMonth() + 1; // Jan: 0 
    var d = myToday.getDate();
    var H = myToday.getHours();
    var m = myToday.getMinutes();
    
    var myFileName = "";
    myFileName += prefix;
    myFileName += ('0000' + pid).slice(-6);
    myFileName += "-";
    myFileName += yyyy;
    myFileName += ('0' + M).slice(-2);
    myFileName += ('0' + d).slice(-2);
    myFileName += ('0' + H).slice(-2);
    myFileName += ('0' + m).slice(-2);
    myFileName += postfix;
    
    //// == ワークフローデータへの代入 / Data Updating ==
    retVal.put( dataIdC, myFileName );
    
    なし「コンフィグA」と「PID-yyyyMMddHHmm(全19文字)」と「コンフィグB」を結合した文字列が、Cで選択したデータ項目に格納されます1分以内に複数回到達するループ構造内に配置した場合、ファイル名がユニークな文字列にならない可能性があります