乱数ジェネレータ (in:数値型A、out:数値型B)

データ項目で指定した範囲の乱数を生成し、データ項目に格納します。生成した数値で処理担当者を決定し「レビュー者の固定化を防ぐ」、抽選での「厳正な当選者番号の決定」などに利用できます。

    A. 上限値が格納されている数値型データを選択してくださいデータ項目選択数値型必須
    B. 乱数が格納される数値型データを選択してくださいデータ項目選択数値型必須
    -設定変数名設定ラベル
    Aconf_MaxNumDataId上限値が格納されている数値型データを選択してください
    Bconf_UpdateDataId乱数が格納される数値型データを選択してください
    var dataIdA = configs.get( "conf_MaxNumDataId" ); // (returns Number)
    var dataIdB = configs.get( "conf_UpdateDataId" ); // (returns Number)
    var maxNum = parseInt( data.get( dataIdA ) );
    var tmpNum = Math.random() * maxNum; // Math.random() -> 0.00 ~ 0.99
    var retNum = Math.floor( tmpNum );
    retVal.put( dataIdB, java.math.BigDecimal( retNum ) );
    
    A’: Aで選択したデータ項目に格納されている数値(例: “100”)A’を超えない乱数(例: 0~99)が、Bで選択したデータ項目に格納されますA’は整数を想定しています。(もし小数であった場合、切り捨て値をA’とします)